2020年 10月

白木の位牌の取り扱いについて

2020.10.31

お知らせ

葬儀で用いた白木の位牌(仮位牌)については、通常、満中陰(49日)までは、自宅に設置した中陰壇にお飾りします。

その後、満中陰(49日)の法要が終わると、僧侶が持ち帰り、寺院にてお焚き上げをさせていただきます。

また、浄土真宗では、黒の本位牌は用いませんので、その後の仏事については、故人が記載された法名軸や過去帳を用いることを案内させていただいています。

 

〇法要のご依頼やご相談については、「京都お坊さん派遣」まで。

メール、又は電話(0120-71(亡き人)-4652(よろこぶ))にてお問い合せください!

※派遣する僧侶のコロナ対策(マスク、消毒、検温等)も万全です。


自宅に仏壇がない場合の法事について

2020.10.08

お知らせ

両親の法事はしたいが、現在住んでいる所には仏壇がないといった方もおられるかと思います。

例えば、49日までは、葬儀社が用意した中陰壇の前でお参りをしてもらったが、仏壇を購入していないため、初盆や一周忌をどのようにすればよいのか悩んでいるといったことがあるかもしれません。

仏壇がすぐに用意できないといった方につきましては、ご本尊をこちらで用意し、持参することも可能ですので、ご相談いただければよいかと思います。

また、最近は昔に比べ、比較的小さくて安価なものもあり、弊社においても提携している仏具屋からコンパクトな仏具を安く購入することが可能ですので、資料等をご覧いただき参考にしていただければと思います。

いずれにしましても、法事を勤めたいというお気持ちがございましたら、どういった形でも執り行うことはできますのでご連絡ください。

 

〇法要のご依頼やご相談については、「京都お坊さん派遣」まで。

メール、又は電話(0120-71(亡き人)-4652(よろこぶ))にてお問い合せください!

※派遣する僧侶のコロナ対策(マスク、消毒、検温等)も万全です。


ページ上部へ戻る